お金の話

【ポートフォリオ公開】日本株の運用実績|2022年6月

サラリーマン投資家の弥太郎です。

2022年6月度の日本株の運用実績がまとまりました。
リンクバルが好調で久々の黒字となりました。

運用実績(▲1,585,600円)

最初に6月度の運用実績です。

運用期間:2022年6月4日~7月2日
期間中の評価益:+1,793,378円
累積利益:+18,345,934円
という結果でした。

ポートフォリオと運用状況

次に日本株ポートフォリオと各銘柄の運用状況についてです。

ポートフォリオの構成銘柄は引き続き『リンクバル』と『シャープ』の2銘柄です。『リンクバル』の方は、仕手筋の流入があったようで急激に株価を上げる場面がありました。業績回復に伴う上昇ではないので長くは続かないと思っています。ただし、最近は街コンも参加者が回復傾向であることと、新しいサービスもよく考えられているので黒字化も近づいてきているのではないかと思っています。


一方『シャープ』の方は好業績にもかかわらず、株価はダメダメ継続中です。少しばかり配当金が入ったので、その分は買い増しに充てました。心情的には『リンクバル』よりも『シャープ』が先に上がってほしい。

日本株の運用計画

① 日本株への投資元本の追加は行わない。
財政破綻寸前の国の通貨建て資産にこれ以上の出資はしません。

② 投資元本を全額回収して保有銘柄全てが倒産しても通算では損しない状況をつくる。
仮に財政破綻で全日本株の価格が全て0になったとしても通算では損したくありません。そのためには全投資元本を回収する必要があります。日本株の評価額が3,000万円を超えれば少しずつ投資元本の回収を始めます。

③ 評価額5,000万円達成すること。
日常の生活費を投資で稼ぐには5,000万円程度の運用が必要だと考えています。先に述べたように日本株への投資元本の追加は行わないし、投資元本も全額回収するので、これは純粋な投資収益が5,000万円に達することを意味します。

以上

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。